支援事業

低炭素化・資源循環

2-6 ゼロカーボン・モビリティ導入支援事業

事業番号

No.2-6

事業の目的

地域主導のエネルギー地産地消の取組を加速し、「ゼロカーボン北海道」の実現を促進するため、新エネルギーによる発電設備と電気自動車や定置型蓄電池などを組み合わせて、余剰電力の蓄電や蓄電池からの電力供給を行うエネルギー自立型施設(以下、「V2X」という。)の構築に対し支援する。

実施主体

  • (1) 市町村(複数の市町村による共同体を含む。)
  • (2) 市町村(複数の市町村を含む。)と法人、任意団体又はその他知事が適当と認めた者で構成された共同体(コンソーシアム)

対象・要件

太陽光発電設備や風力発電設備などのエネルギー発電設備と電気自動車(EV)や充放電設備、定置蓄電池など組み合わせてV2Xを導入し、施設の電力消費ピークカットや災害等の停電時におけるレリジエンス対策を行うなど、新エネルギー設備と電気自動車の導入効果を増大させる事業とする。

補助内容

(1)補助対象経費
賃金、報償費、旅費、消耗品費、印刷製本費、役務費、通信運搬費、委託料、使用料及び賃借料、工事請負費、原材料費、備品購入費、その他知事が特に必要と認めた経費
(2)補助率 1/2
(3)補助限度額 5,000万円

補助実績

新規事業
※R3年度実績(見込み)

募集期間

----
※R4年度募集(申請)期間 (不明の場合、R3年度実績)

所管

(国)-

(道)経済部 環境・エネルギー局 環境・エネルギー課
※ 北海道新エネルギー導入加速化基金

備考

----