支援事業

低炭素化・資源循環

2-15 バイオマス産業都市

事業番号(別冊内における)

No.2-15

事業の目的

経済性が確保された一貫システムを構築し、地域の特色を活かしたバイオマス産業を軸とした環境にやさしく災害に強いまち・むらづくりを目指す地域であり、関係7府省が共同で選定。(内閣府、総務省、文部科学省、農林水産省、経済産業省、国土交通省、環境省)

実施主体

  • (1) 市町村(単独又は複数)
  • (2) 市町村(単独又は複数)と当該市町村が属する都道府県の共同体
  • (3) (1)又は(2)と民間団体等(単独又は複数)との共同体

対象・要件

(1) バイオマス産業都市構想の作成
(目指すべき将来像・目標、事業化プロジェクト、地域波及効果、実施体制等)
(2) バイオマス産業都市選定委員会による審査・ヒアリング・推薦案の決定
メンバー:バイオマス、環境、エネルギー、投資・金融等の専門家で構成
評価の視点:①先導性、②実現可能性、③地域波及効果、④実施体制

補助内容

■ 関係府省による連携支援(事業化プロジェクト)
バイオマス産業都市関係府省連絡会議を活用しながら、構想の内容に応じて、関係7府省の施策の活用、各種 制度・規制面での相談・助言などを含めた支援を行う。
※ 関係府省の施策の活用には、別途当該府省の審査・採択が必要。

所管

(国)農林水産省 食料産業局バイオマス循環資源課
(道)環境生活部 環境局 気候変動対策課

備考

----