支援事業

生活を支える取組

3-4 過疎地域等集落ネットワーク圏形成支援事業

事業番号(別冊内における)

No.3-4

事業の目的

過疎集落等において深刻化する喫緊の課題に対応するため、基幹集落を中心として、周辺の集落との間で「集落ネットワーク圏」を形成し、生活の営み(日常生活支援機能)を確保するとともに、生産の営み(地域産業)を振興するために「地域運営組織等」が行う取組を国が支援することにより、継続的な集落の維持・活性化を図る。

実施主体

地域運営組織等(地域住民自らが主体となって、地域住民や地元事業体との話合いの下、それぞれの役割分担を明確にしながら、生活サービスの提供などの地域課題の解決に向けた取組を持続的に行う集落ネットワーク圏の中心的な組織など)

対象・要件

(1) 対象地域
過疎地域をはじめとした条件不利地域
(2) 対象事業
集落ネットワーク圏において、地域運営組織等が活性化プランに基づき取り組む事業
過疎地域等集落ネットワーク圏形成支援事業の概要図

補助内容

1事業当たり2,000万円以内

所管

(国)総務省 自治行政局 過疎対策室
(道)総合政策部 地域振興局 地域政策課

備考

----