支援事業

生活を支える取組

3-5 「小さな拠点」を核とした「ふるさと集落生活圏」形成推進事業

事業番号(別冊内における)

No.3-5

事業の目的

人口減少や高齢化が先行・加速する地方の条件不利地域において、公益サービス、生活サービス、地域活動等の維持確保を図るため、必要となる既存の施設を活用した施設整備等に所要の補助を行い、「小さな拠点」の形成を推進することで、地方における集落の活性化に資する。

実施主体

過疎、山村、半島、離島、豪雪の各法指定地域を含む市町村またはNPO等

対象・要件

■事業概要

地域住民への様々な公益サービス機能を維持確保するため、遊休施設を活用し、ワンストップサービスの実現やサービスコストの低減を図る事業であって、次のいずれかに該当する事業の実施に必要な施設の整備及び当該施設整備と一体的に行われ、かつ、当該施設整備の前提となる調査等を対象とする。
① 既存公共施設の再編・集約を図る事業
② 既存公共施設の再編・集約を図る事業に併せて、生活圏必須機能を有する施設の整備を図る事業
③ 既存公共施設の再編・集約を図る事業を伴わず、複数の生活圏必須機能を有する施設の整備を図る事業
④ 既存公共施設の再編・集約により廃止となる施設の除却、跡地活用のため整地を行う事業

補助内容

市町村等 補助率1/2以内、NPO法人等 補助率1/3以内(間接補助)

所管

(国)国土交通省 国土政策局 地方振興課
(道)総合政策部 地域振興局 地域政策課

備考

----