生活を支える取組にあわせた掛け算のヒント

地域の魅力を外に発信し、地域の応援団を増やす

和歌山県有田川(ありだがわ)町

ポートランドから専門家を応援団に住民意識を高める取組

キーワード: 住民参加若者や女性の関わり遊休施設リノベーション

有田川町の基本情報

人口:26,919人
世帯数:10,567世帯
面積:351.84平方km
( 平成29年12月末日現在 )

取組の掛け算

生活を支える取組
コミュニティ形成
コンパクトなまちづくりの取組
コミュニティ拠点の形成
空き地・空き家等の活用

専門家のアドバイスを得ながら住民主体のプロジェクトを育む

米国ポートランド市の専門家の協力を得て大規模な住民議論の場を設け、まちづくりに住民が主体的に関わるきっかけをつくった。ワークショップや説明会を繰り返しながら、「住民DIY」のリノベーションで、廃園になった保育所をまちの拠点としたことや「有田川女子会 Up Girl’s」誕生など、人口27,000人のまちに様々なワクワクプロジェクトが生まれた。

ポートランドチームを招いたワークショップ

住民(若者)が主体的にまちに関わる

色々な世代がまちづくりに参加しているポートランドを参考に、フォーラム、フィールドワーク、ワークショップ、アンケート、説明会等様々な手法を取り、意見を可視化しながら、若手行政職員を中心に「若者も主体的にまちづくりに関わるきっかけ」をつくっていった。廃園になった保育所のリノベーションに多世代で取り組んだ。

時にはカフェでワークショップ
保育所のリノベーションを住民DIYで

住民主体のプロジェクトが動く

ポートランドの専門家から、「まちづくりには女性が必要」と言われたことをきっかけに、100名もの女性が集まるワークショップを実施。女性の持ち前の行動力で、「町内女性向けガイドブック」「おしゃれピクニック」「子育てプロジェクトチーム」など、様々なワクワクプロジェクトが生まれた。

リバースプロジェクト・伊勢谷友介氏を招いたスイーツのある女子会フォーラム
町内女性向けガイドブック